保護犬を受け入れるには

ペットショップで購入するのではなく、保護犬の里親になりパピヨンを迎え入れたいと考える人も多いでしょう。

実際、保護団体にはパピヨンも多く、里親になってくれる人を待っています。

それぞれの団体のホームページには、写真とともに性別や年齢、特徴などが載せられており誰でも気軽に閲覧できます。

情報を集める

しかし、受け入れたいパピヨンを見つけたからといって、必ずしも引き取れるわけではありません。

なぜなら、引き取るための条件が設定されていることが多いからです。

きちんと飼育できる環境やライフスタイルであることはもちろんのこと、1日に何回散歩できるのか、何時間ぐらい一人で留守番させるのかなど細かいことまで審査されることもあります。

かなり厳しい基準が設定されているため、クリアできる人は限られています。

また、保護犬として里親を探しているパピヨンは、高齢であったり、何らかの健康問題を抱えていることもあるため、それらも全て受け入れる覚悟が必要です。

虐待された経験があり人間を怖がっていたり、信頼を失っていることもあるでしょう。

家族がいる場合は、自分だけでなくみんなが同じ気持ちで保護犬を迎え入れる体制が求められます。

パピヨンが長生きするために

パピヨンの平均寿命は、13歳から16歳とされています。

中には20歳以上まで生きる犬もいるので、長生きの犬種といえるでしょう。そんなパピヨンの寿命を全うさせるには、ストレスを与えずに育てることが大切です。

頭脳明晰で運動神経の良い犬種であるため、運動不足がストレスの原因となります。

毎日十分な距離の散歩をさせたり、一緒に遊んだりしてストレスがたまらないライフスタイルを送らせてあげることが肝心です。

パピヨンと運動

シニアになっても運動したいという欲求は衰えることなく、活発に活動したがりますが、ジャンプした拍子に骨折するなどのリスクも増えてきます。
ストレスがたまらない程度に運動させることが賢明です。

また、病気のサインに早く気付いてあげることも、長生きさせるためのコツです。

パピヨンがなりやすい病気としては、膝蓋骨脱臼や眼疾患、アレルギーなどがあるので、兆候を見逃さないようにしましょう。

毛がフワフワしているので肥満に気づきにくく、様々な病気を引き起こす可能性もあります。
健康で長生きさせるためには、スキンシップをこまめに行い、太りすぎていないか、腫瘍などができていないかチェックすることが大事です。

トイ・スパニエルの一種であるパピヨン

パピヨンの原種はスペインのトイ・スパニエルの一種であり、
ヨーロッパでは人間社会と古くから関係を持つ犬種とされています。

チョウが羽を開いたような優雅な見た目が特徴となっていて、
15世紀以降のヨーロッパの貴族の寵愛を受けるようになりました。

15世紀のヨーロッパでは入浴の習慣がなかったため、
ダニや蚤が人に規制してしまうことが少なくありませんでした。

そんな折に犬を飼うことでダニや蚤への対処ができるという説が生まれました。

そこでヨーロッパ貴族の間では犬を飼うことがブームとなっていき、
その中でも特に人気があったのがパピヨンです。

中世のヨーロッパの貴族の肖像画を見ると、
よく犬が映っていていかに犬を飼っている貴族が
多かったかが分かります。

パピヨンの歴史

ヨーロッパの貴族がパピヨンを寵愛していたころ、
リス犬と呼ばれることもありました。

これは特徴的な垂れ耳が目立っていたからです。
現代では垂れ耳ではなく、立ち耳が主流となっていますが、
かつては垂れ耳が圧倒的な数を占めています。

垂れ耳の個体はファーレーヌと呼ばれるようになりました。

ネズミ捕りのエキスパートとしても知られる犬種であり、
屋敷内に発生したネズミをどんどん捕まえていたことも知られています。

現代のパピヨンとかつての同種

パピヨンはトイ・スパニエルの一種であり、
このトイ・スパニエルの中には鳥猟が得意で
その分野で活躍した犬種もいます。

この犬種はどちらかというと高く飛ぶことが苦手なので、
鳥猟犬ではありませんが足が速く反射神経も良いため
陸での狩猟では活躍することが出来ます。

現代のパピヨンはその多くが室内犬であり、
中世の時のような狩猟力は持っていません。

しかし、ボール遊びをした際には持ち前の瞬発力を発揮します。

運動が得意

ブリーダーによって飼育されているパピヨンは
必要に応じてその運動量を増やすことができ、
優れた持久力を持ちます。

走り回る際には大きな声で吠えることがありますが、
これは狩猟犬として活躍していた時代に獲物を追い込む際に
声も使っていた名残です。

現代ではよく吠えるタイプとおとなしいタイプがいて、
どちらも一般の方々から人気があります。

パピヨンはあごの力がそれほど強くありません。
かつて獲物としていたネズミはそれほど固くないため、
噛む力は求められてなかったとされています。

現代の室内犬として飼われているパピヨンは
より一層噛む力が弱いので、もし家で噛まれてしまっても
出血などはあまり発生しません。

犬が苦手な方も安心できます。

生体保証について聞いておく!パピヨンをブリーダーから迎えるポイント

仔犬を迎える際に生体保証についての説明は必ず受けなければいけません。
優良なブリーダーなら、保証についての説明を詳しくしてくれるはずだからです。

逆に保証についての説明を求めてもしてくれなかったり、
保証が無い場合は他を探した方が無難です。

それほど大切な保証なのです。
この保証について詳しい説明がされる理由は仔犬の販売ショップや
ブリーダーによって保証内容や保証期間が異なるからです。

保証規定が販売ショップで決まっている場合は、基本保証や
購入特典保証と呼ばれている場合があります。

仔犬を迎えるために重要な保証ですので、どこで購入をするか
決める前にまず保証があるか確認をすることをおすすめします。

保証があると分かっていれば、安心してパピヨンを選ぶことができます。

医療

似たような保証に犬の医療費保証があります。
こちらは人間の医療保険と同じように、風邪や皮膚炎などの
病気で治療を受けた時に動物病院への通院費を最大全額保証してくれます。

もしもの場合に備えて、生体保証と医療費保証の両方に
希望することもできます。

生体保証は法律で義務付けされていないので、
パピヨンを迎える際のポイントになります。

治療

任意での申し込みになることが多いのですが、
いざという時役立つので持っていたい保証です。

保証内容の確認も大切ですが、条件の確認も
合わせてしておく方が安心です。

販売ショップやブリーダーによって、保証対象の病気が違ったり
保証方法が違う場合があるからです。

ワクチン接種について知っておく!パピヨンをブリーダーから迎えるポイント

仔犬を引き取る際にワクチン接種がきちんとされているかの確認は
重要なポイントです。仔犬を大切に育ててくれているブリーダーなら
動物病院で接種をした後の引き渡しになるからです。

ワクチンを接種してあるかは接種証明書を渡されることで確認できます。

ワクチン

接種証明書には仔犬の性別、月齢、種類、生年月日、
接種したワクチン名、接種日、次回の接種予定日、
接種した動物病院の情報などが記載されています。

仔犬の代金にワクチン接種の費用が含まれているので、
この接種証明書は必ず手渡してもらいます。

パピヨンのような小型犬はほとんどの場合がジステンバーと
パルボウイルスの2種混合のワクチンですが、まれに
6種混合のワクチンを接種することもあります。

2回目の接種に関して、どこで接種できるか費用はどれぐらいかを
迎える際に聞いておくと安心です。

接種証明書をちゃんと渡してくれる優良なブリーダーなら、
丁寧に教えてくれるはずです。

費用

また、接種するワクチンには2種類あり、狂犬病のように
毎年接種しなければいけないと法律で決まっているワクチンと、
混合ワクチンのように任意で受けるワクチンです。

任意でも接種していないとペットホテルを利用できないなど
不便なことになりますので、パピヨンを迎える前に
ちゃんと接種してもらう方が安心です。

もし、混合接種をするかの意向をブリーダーに聞かれた場合は
希望しておくと良いです。

仔犬のパピヨンは感染するだけで命に関わるウイルスもあるので、
ワクチン接種は大切なことです。

犬舎を見学・訪問すること!パピヨンをブリーダーから迎えるポイント

訪問

新しい大切な家族として、パピヨンを迎え入れることは
とても素晴らしいことです。

パピヨンは人懐っこく、皆を笑顔にしてくれる可愛らしい犬種ですので、
とても楽しい時間を送ることが出来るでしょう。

しかし、ブリーダーから購入して迎え入れる前に、犬舎を見学したり、
一度は必ず訪問しておくことをお勧めします。

ポイントは、ケージやハウスの清潔さや、犬舎の環境が
良いかどうかとなります。

どんなに可愛くて素晴らしい子犬を見つけたとしても、
健康状態が良くなければ悲しい事態を招いてしまったり
後々トラブルを抱えてしまうこともよくあるのです。

そうなる前に、ブリーダーが信用できる方なのかどうか
犬舎をしっかりとチェックすることが必要です。

環境

犬舎を見せてもらいたいと一度お願いしてみましょう。
何も特別な理由も無く断られてしまったら、少し注意をすべきです。

見せられない事情があるのかもしれません。
ポイントは、犬の運動スペースが確保されているかどうかや
清潔に犬舎が保たれているかどうかとなります。

きちんと清潔さを保ち続けていないと、子犬は病気にかかってしまいます。

綺麗な状態で過ごせていたかどうかは、大事なポイントとなるはずです。
犬舎を訪問・見学することは、迎え入れる犬にとっても
非常に良い事で、購入する方に少し慣れておくことで、
子犬のストレスも少なくなります。

可能であれば、ブリーダーと相談して、何度か触れ合いを
許可してもらうと良いのではないでしょうか。

これから長く一緒に生活することになる大事な家族ですので、
生まれ育った場所はしっかりとチェックしておくと
良いのかもしれませんね。

パピヨンのことをよく知っておくこと!パピヨンをブリーダーから迎えるポイント

基礎知識

パピヨンをブリーダーから迎えるには、基礎知識を持っておくことが
ポイントになります。

まず、ブリーダーが繁殖させたパピヨンは、直接販売されるか
ペットショップやペットオークションなどの業者に出荷されます。

ブリーダーからの直売では、業者からの買い取りに比べて
メリットが沢山あります。

価格が安く購入できること、感染症の心配の軽減、
基本的なしつけができている、血統が確認できる、
社会性がありしつけやすいなどのメリットがあります。

パピヨンは古くからヨーロッパ各地で貴族に可愛がられていました。

有名なマリー・アントワネットも可愛がっていたほどです。
そのせいか、直立する姿には可愛らしさと気品があります。

性格は可愛らしい姿とは違い、強く大胆で明るいのが特徴です。

また、利口な犬としても有名で、しつけをちゃんとすれば
吠えることもなく命令に従う飼いやすい犬です。

友好的

愛情深い面もあり飼い主に対して友好的なので、
お子さんの居るご家庭や一人暮らしの人にピッタリのペットです。

利口な犬なので、毎日散歩に連れて行って刺激を与えてあげたり
おもちゃで遊んであげれば上下関係を理解し懐いてくれます。

家に迎える時には寝床やエサはどんな物が良いか、
おもちゃの好みなど前もって確認して準備しておけば安心です。

また、過保護に育てないように、しつけに関する心の準備も必要になります。

パピヨンをブリーダーから購入することのメリットや性格などの
基礎知識を活かして、生涯のパートナーを迎えてあげましょう。