ブリーダーから子犬を迎えた後に信頼関係を築いて育てるための基礎知識

パピヨンの原種はスペイン地方のトイ・スパニエルと言われており、
貴族階級の愛玩犬として重用された歴史を持っております。

その名の通り蝶のように特徴的な耳を持っており、毛は柔らかく
長めであり優雅な外見が特徴です。

パピヨンのオスの成犬体重は3キログラムから5キログラム程度と
小型犬に分類されており、メスの場合はオスよりも一回り小さいことが
特徴になります。

パピヨンの歴史は長くあり15世紀には原形の姿になったと言われて
おりますが、現在知られている特徴的な耳はスピッツやチワワと
交配されたことにより完成したと伝えられており、それまでは立ち耳
ではなく垂れ耳であったと言われているのです。

注意する

垂れ耳の個体は現在もおり、ファーレーヌと呼び区別しております。
ネズミを追いかける習性があり、ネズミ捕りの名人として知られております。

成犬になっても4キロ程度の大きさでありますので、子犬時はさらに
小さな体格をしているのが特徴です。

小型犬は無理に抱きかかえたり、高所から落下させると骨折など怪我の
原因になってしまいますので、パピヨンなどの小型犬の子犬時にはとくに
丁寧な扱いが必要になります。

パピヨンは毛足の長い愛玩犬として華奢な印象がありつつ、活発な面もあります。遊びながら信頼関係を築いてゆくのがおすすめです。

RERとDERとご飯について

室内で飼う犬はさまざまな人間の文化に触れながら暮らし、
やがてお互いのルールを学んで健やかに過ごしてゆきます。

人間の食べ物を見たり匂いを感じるなどの機会が多くなりますし、
活発で好奇心の高い生き物である犬はさまざまな食べ物に興味を示すのです。

しかし人間用の食べ物はカロリーが高かったり、塩分濃度が濃いために
内蔵に負担がかかることになりかねません。

そして肥満を起こしてしまう可能性もあるために、犬にはドッグフードを
与える方が心配がないのです

いい関係を築く

ドッグフードは必要な栄養価を満たしております。
ブリーダーから迎えたばかりの頃は、母犬や兄弟たちと離れ一時的な
ホームシックになることもあります。

そんな時はブリーダーに聞いたメニューを自宅で再現してあげて、
食べやすい環境を作ってあげるのがベストです。

小型犬は室内で過ごすことが多いですが、パピヨンは意外に活発な犬種
なので基礎代謝が高く、小型犬の割にはよく食べる印象を持つ飼い主が
多いと言われております。

子犬の時はとくにたんぱく質の多い食事を与え、体重を目安にして
カロリー計算を行うのです。

定期的に体重を計測し、適正体重を把握しながら運動量や食事量の
コントロールを飼い主がすることが健康の秘訣です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です