イメージをアレンジすることができます

パピヨンはトリミング犬種ではないので、ブラッシングをきちんとしておくとカットしなくても問題はありません。中にはかわいくデザインしている人も多く、人気スタイルにはいろいろな種類があります。例えばサマーカットは長い被毛を短くするのですっきりすることができるでしょう。

小さな顔が強調されるので、華奢でかわいい印象になります。特徴的な耳の毛はそのままにして、体の毛を短く切るのも良いです。

テディベアカットも人気があり、耳の飾り毛や顔の周辺の毛を丸い感じに切っていくものです。上品な印象のある雰囲気から一変して、ぬいぐるみのようなかわいい雰囲気に仕上げることができます。

毛量の多い子に向いていて、多くの子が行っています。桃尻タイプに切るのも人気があり、全身の飾り毛は残したままにしておいて、お尻の周りの毛だけ短くする方法です。

お尻の周辺を清潔にすることができるので衛生的です。まん丸のお尻がかわいいと評判で、取り入れている飼い主がたくさんいます。

パピヨンにはいろいろな切り方があり、毛を短くすることによって衛生的になったり、動きやすくなるでしょう。室内飼いする人が多いので、部屋の中も清潔な状態に維持することができます。

パピヨンの被毛

パピヨンは抜け毛が少ないので飼いやすいです

犬の被毛はダブルコートやシングルコートに区分することができ、犬は1つの毛穴から7~15本毛が生えています。中には長くて太いオーバーコートや短く柔らかいアンダーコートがあり、オーバーコートの場合皮膚を保護することができ、アンダーコートの場合保湿や体温などを保持する役割になっています。

ダブルには換毛期という年に2回あり、冬から春になると暖かな陽気になるので、冬用アンダーは抜けていく仕組みです。夏用アンダーが生えてきて、夏から秋になると気温が下がるので夏用アンダーは抜けていき冬用アンダーが生えてきます。

シングルの場合、アンダーコートがないので換毛期がありません。通常の生え変わりがあるので抜け毛がまったくないということではありません。

パピヨンの被毛はシングルになっていて、特に日本で見かけるような種類はほとんどシングルコートです。スウェーデン系の場合寒さに耐えるためダブルになっています。パピヨンはシングルなので、ダブルの犬と比較すると抜け毛は少なめになっています。

パピヨンを手入れする

パピヨンの毛は一定の長さまで伸びるとそれ以上伸びないようになっていて、そのためシングルコートで切らないと伸びる性質になっているマルチーズと比較すると、抜け毛が多く感じるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です