犬の引き渡しについてはしっかり確認する!パピヨンをブリーダーから迎えるポイント

インターネットのブリーダー登録サイトなどの仔犬販売情報で、
生後49日を過ぎていない仔犬は引き渡しできないことが
注意書きされていることがあります。

これは、動物の愛護及び管理に関する法律で母犬から
仔犬を離しても良い時期が決められているからです。

決められている事

法律では、生後56日未満の仔犬は母犬から話しては
いけないとされていますが、移行措置によって49日を過ぎていれば
販売して良いとされています。

これは、小型犬でも大型犬でも同じです。
パピヨンをブリーダーから迎えるポイントとして、
生後49日を過ぎているかの確認は必ず必要になります。

法律で決まっていることを守れないようなブリーダーは、
仔犬のことを大切にしているとは言えないので優良ではありません。

仔犬にとって、母犬から自立していないのに離されては
ストレスになってしまうからです。

よく理解して

また、引き渡しの際に飼い方についての注意や説明をしてくれる
ブリーダーは信頼できます。

日常のシャンプーや毛のお手入れ方法など様々なことについて
説明してもらえれば、迎えてからのトラブルも少なくて済みます。

また、事前に準備しておくと良いグッズなどについても
聞いておくとスムーズにパピヨンを迎えることができます。

パピヨンを引き渡しされる時の重要なポイントは、
仔犬についてどれだけ売り主が理解しているかの確認です。

説明や注意がされた後に疑問に思っていることを質問してみて、
好意的な対応で答えてくれるかもポイントになります。